採用情報

ロンドには、哲学-フィロソフィが存在する

二部・九章・三十六項から成る、
ロンドフィロソフィが存在します。

これはロンドの考え方そのものであり、物事においての判断基準であり、仕事で思い悩むことがある時に道標として進むべき方向を指し示すものです。また、このロンドフィロソフィを通じて全従業員(仲間)の心をひとつにし、目的と意義を明確にすることで、ベクトル(方向性)を合わせます。

このロンドフィロソフィの第Ⅱ部・第三章の一項目に「ベクトルを合わせる」とあります。

もし社員一人一人が、バラバラな考え方にしたがって行動しだしたらどうなるでしょうか。

それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと、各人が「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。全員の力が同じ方向に集結したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。
1+1が5にも10にもなるのです。

人材=人財の教育

ロンドでは人材は宝と考え、人財の教育に力を入れます。
配属先の部門ではチームワークを重視しながら、個々の能力に合わせたOJTを行います。それぞれの方のライフスタイルに合わせた働き方を提案し、安定して永く、楽しく働ける環境に配慮しています。

また実力主義の社風ですから、性別、経験に関わらず、自分の望んだ活躍できるポジション、フィールドを目指せる環境です。永きに渡りロンドを支えてくれているベテランスタッフだけでなく、新卒から二年目で受注部門の柱となるポストを任されている若い女性スタッフや、20代、30代の中途採用でも現場のリーダー、サブリーダーに就いているスタッフもいます。

時には、一生懸命に仕事に取り組んでいると行き詰まる事もあります。そんな時にはロンドフィロソフィがあります。また、気軽に相談できる先輩、上司もいます。

代表メッセージ

年齢も経験もバラバラですが、
ロンドのスタッフが最も大切にしているのは、仲間との「和」。

ロンドで働くスタッフは男女の比率は半々ですが、年齢層はとても幅広く、各部門には様々な経歴の方が活躍しています。料亭で修行を積んだ調理師、国家資格である管理栄養士、体力自慢の元トラックドライバー、大手企業で経理畑を歩んできた経理ウーマン・・・

年齢も経験もバラバラですが、ロンドのスタッフが最も大切にしているのは、仲間との「和」。

年齢や立場や部門に関わらず自由に意見交換が出来る環境です。大学や専門学校を卒業し新入社員として入社した若手が、入社一年目から部門の柱となるポジションに就いているのも、本人のスキルのみならず、「和」を大切にするロンドの社風ならでは。

また三ヶ月に一度、仲間同士の「和」を深める為、レクリエーションを行っています。バーベキュー、ボーリング大会、慰安旅行…大勢のスタッフが参加し、毎回盛り上がっています。

ロンドは今後も常に発展していきます。数年後には、二倍の規模に拡張します。

仲間を大切にし、常に前向きな姿勢でお仕事に取り組める方が、ロンドの仲間になって頂ける事を、切に願います。 

ロンドフードサービス株式会社
代表取締役社長 土高 功陽

先輩の声

ロンドで働く正社員とアルバイトの実際の声をお届けします。

男性社員 - 社歴3年(HP公開時) - 2014年入社

ロンドに入社して良かった事は?

今まで人の上に立つ事を経験していませんでしたが、ロンドに入社してから班長として小さいながらも、グループのリーダーをやらせてもらっています。正直、トラブルが発生しない訳ではないので大変な時もありますが、結果、自分自身が成長できていると感じています。社歴も浅く、年齢も若いのに、班長をやらせてくれた会社には「よく自分にやらせたなぁ」と思いつつも、他では経験できない事なので感謝しています。

あと、入社前は運動を全くしていなかったので太っていました(笑)けどスリムな体型を手に入れられたのは感動です(笑)

ロンドの社風はいかがでしたか?

すごく、色々な改革をしようとしている会社だなと思いました。こんな若い僕でさえ班長職を任せてもらえるし、業務改善や会社の制度自体も色々と変えていこうという試みはすごいなと思います。実際に残業時間は圧倒的に減ったし、その分マネージメントに係る仕事が出来ています。

ロンドに入社を考えている方へ一言

ちゃんとした仕事をしていれば、ちゃんと評価してもらえる会社だと思います。年齢も性別も関係なく、前向きな人材はすぐに役職を任せてもらえる会社だと思います。

ロンドフードサービス採用担当者より

入社当初はアルバイトの経験しかなく、会社の仕組み自体にあまり理解の無かった彼が、今では配送の班長として自分の班だけでなく、他の班の仕事に気を配ったり、配送部全体の仕事まで見渡して仕事をしている事に驚いています。性別も年齢もバラバラな組織なのでまとめ上げる事は容易ではありません。しかしながら時には厳しく、時には相手の気持ちに寄り添った言葉を選びながら、配送部の班長職を立派に務められるようになりました。もちろん、人の上に立つと常に様々な問題に直面するので、勉強の日々ではあると思いますが、彼の成長には目を見張るものがあります。

女性アルバイト - 社歴3ヶ月(HP公開時) - 2016年入社

ロンドに入社して良かった事は?

配送の仕事は初めてでしたので最初はとても不安でしたが、周りの配送スタッフの方がとても親切にあれこれ色々と教えてくれたので、最初は不安でしたがすぐに配送の仕事に慣れました。それと体を使う仕事なので、少し?せれました(笑)

お客様の元に、12時までに必ずお届けしなければならないので最初はそれがプレッシャーでしたが、ちゃんと配りきれるようにコースを考えてくれるので今では時間を計算しながら配る余裕も出て、逆に楽しんでいます。

ロンドの社風はいかがでしたか?

周りの女性配送スタッフの方も、男性配送スタッフの方も、とても親切にしてくれて。私が余程頼りなさげに見えるからでしょうか?(笑)みんなが仲良く仕事しているのが印象的でした。失敗する事もあるけど、みんなでフォローしてくれるので本当に感謝しています。

ロンドに入社を考えている方へ一言

周りのスタッフの方が明るく、困った時には助けてくれるし、私は入社して良かったと思います。シフトも融通を聞いてもらえるので、助かっていますよ。

ロンドフードサービス採用担当者より

採用面接時、華奢な感じだったので大丈夫かな?と思いながらも、車の運転が好きと言うことと、明るくハキハキとした受け答えが好印象だったので採用させて頂きました。
最初は自信なさげに配送していて、お客様からも「大丈夫かな?」と心配されていましたが、教えられたことはキチンとメモを取るので覚えも早く、今では男性の配送員に負けず劣らずの立派な配送スタッフに成長しました。お客様からも、周りのスタッフからも可愛がられています。

マイベストジョブで求人募集中!

engage